漆伝説

岩手 ~秀衡塗~


Hidehira Nuri by SLP 漆伝説

黄金の国「平泉」の秀衡塗

hidehira_nuri01

岩手県一関市。

平安時代末期に、約数百年にわたり奥州藤原氏により築かれた平泉文化。文化を支えた背景は、沃土、駿馬、産鉄、産金であったが、特に東北地方は当時、日本における唯一の産金国であり、その黄金によって絶対的な経済力を誇るに至った。

マルコポーロの「東方見聞録」の「黄金の国ジパング」は、この「黄金色文化」の平泉を指したのではないかと言われている。

hidehira_nuri20

また、藤原時代が「漆器時代」と言われるがごとく、ここ平泉においても漆芸の極致が展開され、平泉の栄華の絶頂を極めた三代目秀衡の名を取り「秀衡塗」として現代へと受け継がれている。

クラシカルモダン

hidehira_nuri29

伝統美あふれる重厚な漆器も工夫次第の感性で今様の世界。

漆器の良さは軽く堅牢で耐水性・断熱性に富み、木の持つ温かさ、柔らかさが安心感を与える。身の回りの什器に陶磁器が増えながらも、味噌汁やお吸い物に漆器が使用される所以である。

漆器と言えばハレの日の食膳のイメージが定着しているが、現代生活によりマッチしているといえる。なぜなら、水洗いしても変化はなく、使い込むほどに独特な風格と味が出るからである。しかも塗り直して使える。

工房では、見学や漆塗り体験なども事前に相談を承っている。




関連情報

Please let us know, if you have infomation.

これらに関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非共有をお願い致します。

購入する

Please let us know, if you have infomation.

これらの商品を購入できる場所など情報をお待ちしております。

体験する

丸三漆器

工房では、見学や漆塗り体験なども事前に相談を承っております。

Please let us know, if you have infomation.

こられに関する体験ツアーやお得情報などがございましたら共有願います。



このページをご覧になった方が興味ありそうなページ

宮崎県田野地区の冬の風物詩

「大根やぐら」

富士山の名水は1日100万トンの水量を誇る東洋一の湧水「柿田川湧水群」



このページの情報の近隣情報が掲載してあるページ


昔ながらの製法にこだわった100%国産のなたね油を孫の代まで伝えたい

伝統の南部潜りで収穫された

北三陸の天然肉厚わかめ

味噌溜りは大豆、米、塩のみで

作られたグルテンフリーの調味料です。



SNS Link

【"JAPAN" in Iwate pref. Produced from Iwate】

【Ichinoseki and Hiraizumi】

【The legend of "JAPAN"】 The legend of Urushi -Japanese lacquer-:Hidehiranuri of the golden country “Hiraizumi”...

WASHOKU CLIPさんの投稿 2017年3月9日

hashtags

#hidehiranuri
#hudehira_nuri#JAPAN#marusan_shikki#秀衡塗


Enjoy your trip and WASHOKU CLIP WORLD !